葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ血液を造る

妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。

普段の食事で得られる量ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売っていますから、このようなサプリを飲めば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を造る力を強めるという働きがあります。

これは不妊体質の改善にも効果があり、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、それだけで妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。

造血作用で血液が増えることで、血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

妊娠が分かった後に葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。

一方で、葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。

むかし流産しています。

その時は自分を責めて苦しかったのですが、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するために苦手だった運動を始めました。

その結果、新陳代謝が良くなったためか、低かった基礎体温が上がり、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。

妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。

寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

妊娠初期の神経質な時期には過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。

葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。

ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。

そうした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には是非試してもらいたいですね。

友達の話ですが、妊活を頑張っていた頃、よく漢方を飲んでいたと思います。

彼女によると妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。

彼女は漢方を続けていたようです。

その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。

その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。

亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子が活性化することをサポートする効果があるのです。

健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を試してみてください。

葉酸を多く含む食べ物ですが、果物では、イチゴが代表的ですね。

あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。

または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。

あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースで補給するのも問題ありません。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

自治体の助成金制度を利用しても、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる例が多いのが実情です。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

私はもうじき40歳ですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、ストレスも限界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です