安くデータ通信ができる「格安SIM」。

格安SIMを使うことができた場合、携帯代の削減ができます。

docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、MVNOだと月に1000円程度という料金プランも。

一回は、確認してみてもいいのではないでしょうか。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、ソフトバンクとauのものはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

一般に、帯域が太ければアクセスが増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

どの事業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選ぶことをオススメします。

購入はこちら⇒格安SIMのテザリングでおすすめは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です