飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症

流産を経験しています。

ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい一年位たってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を治そうと運動することを思いつきました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。

ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、複数の種類のものがありますよね。

それに大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。

この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。

また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。

ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。

ですが、体調が悪い時には、食事をするのも辛い時がありますよね。

そうすると食べ物からの摂取が難しくなりますが、そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリ等の栄養補助食品を利用することで葉酸をしっかりと摂取できますし、栄養的にも問題ありません。

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。

このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。

妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって精子が活性化することをサポートしてくれるのです。

妊娠はどちらか一人ではできません。

元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を試してみてください。

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

厚生労働省の発表によりますと、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後30分以内の摂取が理想的です。

なぜなら通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。

一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。

ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはポイントがあります。

それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。

葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。

とはいえ、熱を通す必要があるならば、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。

いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸のサプリメントを活用するのが手間がかからず良いと思います。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温計測から始めてみましょう。

簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。

基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというお約束がありますから、きちんと守っていくことが大切です。

もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。

妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。

出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。

実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りていないかもしれません。

妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>食事は偏食でも3歳ならば仕方ない 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です