スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていない

一般に、帯域が太ければユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。

実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、ソフトバンクとauのものはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

SIMとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

通常だと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと1000円未満ということも。

一回は、検討してみても良いと思います。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると会社によって違うことが分かります。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのに通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とは各社によって違ってくるものです。

スマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

参考にしたサイト⇒31秒で訓練なしにできる格安SIMのかけ放題と無制限を倍増させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です