アレルギーの原因になりやすい素材は一切使われておらず

ファインペッツは消化吸収率87%と驚きの超効率のドッグフードです。

アレルギーの原因になりやすい素材は一切使われておらず、栄養豊富で消化吸収が高くお腹にも優しいので便の改善にも効果的。

ペットのごはんは、人間が食べても大丈夫な新鮮な材料が使用されているものを選びましょう。

犬の健康に良くないエサと言うのは、基準値以上の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人にとっても害のある廃棄用の食材が含まれています。

人間の体に害のあるものは、人間と比較して内臓機能が劣るペットたちにとって良いわけがありません。

ちなみに、良い材料を使っているペットフードは、犬たちの食いつきも良いので、添加物など、良くないものでの加工の必要は無いのです。

ただし、オーナーが食べてみるわけにもいきません。

ペットの食事に使われている肉、野菜などが新鮮かどうか、人間が口に入れても大丈夫なものかは、販売者のホームページに記載されているので、確認することをおすすめします。

あやしくないペットフードであれば、Webページにしっかりと記載されています。

えさで一番大切なのは、栄養バランスがしっかりしていることです。

ペットのご飯といってもペットショップやホームセンターに行けば様々なものがあり、選ぶのも大変だと思います。

ペットが必要な栄養素は、ビタミン、ミネラル、タンパク質などと人と同じですが、人とペットでは最適な栄養バランスは違うのです。

犬の食事の回数は朝と夜の1日につき1~2回が基本的法則ですが、もしできれば1日の量を3回を超えて分けてあげてください。

チョロチョロ食べることで消化吸収力がアップするのです。

犬はえさの量よりも回数で満足感を感じると言われています。

えさがもらえる回数が多いほど、犬にすると幸せな時間が、増えて心もおなかも嬉しい状態に。

自動給食機の基本機能は、タイマー設定でオートマチックに猫に食事をあげること。

作りはメーカーによっていろいろで、1日に設定できる時間の数が決まっているものから、何度でも、何回でもすきなだけ時間設定ができるものまであります。

設定された時間になると給餌器のふたが開いたり、給餌口からドッグフードが自動で出てきたりして、犬にごはんを提供してくれます。

新しい製品だとえさをあげるだけでなく、高機能な自動給餌器がみるみろ発売されてきていて、以前にも増して便利になってきています。

犬、猫の自動給餌器には、2種類の「フードストッカー」と「トレイタイプ」と呼ばれるタイプがあります。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、普段の生活やエサの種類などに合わせて選択するのが良いでしょう。

ドッグ、キャットフードは主にペットショップなどで買える最も一般的なドッグフードには、乾燥した固形のドライタイプと、缶または真空パックの柔らかなウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプでは水分が抑えられる一方、ウェットタイプでは60%~90%程度の水分が含まれているものが一般的。

なお、半生タイプの水分量は25%から35%程度と言われています。

ドライタイプにおいては開封した後も長期保存ができ、手軽さと安価さから好まれています。

ウェットタイプは一度開封したら食べきりが基本ですが、おいしいのでペットには人気がありますね。

よく読まれてるサイト:猫に留守番は難しいのか。餌はこうしては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です