回線の帯域である太さと設備のところに影響を受ける

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯代の削減ができます。

docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円なんていう費用に。

一度、確認してみても良いかもしれません。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのサービスを利用することができます。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、サービスのスペックとしての通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。

それでも使いたい場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称の小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

続きはこちら>>>>>割引価格で格安SIMを。家族でもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です