端末にSIMロックがかかっていても

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを素早く処理できるため利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。

通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと1000円未満なんていう料金になることが。

とりあえず、見直しを考えてみても良いと思います。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。

その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、ドコモやauが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

キャリアから購入したスマホや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOもdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とはMVNOによって異なっています。

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

続きはこちら>>>>>おすすめ格安SIMはここ。かけ放題もあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です